Hokkaido Marine Products Grading Corpration

こんぶの採取から出荷まで

こんぶの採取から出荷まで

  • 日本の食文化の原点とも言える昆布は、北海道の基幹漁業として位置付けられています。
    製造に至っては、漁業生産者が自ら行う漁家一貫加工であり、採取、乾燥、切断、選別、荷造りという工程を経て、年間約2万トンの乾燥製品が生産されています。
    全道各地で採取されている昆布は15種類、『北海道こんぶ製品規格』にあっては、7品目、29規格、38種類、101等級が設定されています。
    製造された昆布は、規格に適合しているかの判断を第三者機関に求め、検査・格付による品質規格の徹底を基本に『食の安全・安心』を確保しています。


採取と水揚げ

乾燥方法と保管方法

製品指導と選別

結束

検査と格付


powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional